【no.487】AI営業マンついに登場、問い合わせを自動送信してアポイントを獲得

AI営業マンついに登場、問い合わせを自動送信してアポイントを獲得

12月20日、株式会社QuickWorkが運営する企業データベース「ApoKakuDB」に、AI・RPA技術を活用した問い合わせ自動送信ロボ「Daniel」のα版がリリースしたと発表。

ApoKakuは、BtoB顧客ターゲッティングを強みとしていて、売り上げや資本金、拠点数、従業員数などに加え、400種類以上の業界や、9000種類以上の事業シナリオでのデータベース検索が可能だ。多量なデータベースを保有しているため、プレスリリースでは「“人力で作成するより精度の高いターゲティングリスト”をたった10秒で作成することができます」とうたっている。

今回発表された問い合わせ自動送信ロボ「Daniel」は、同社の別サービスで使われていたRPAの基盤システムを活用したことで、問い合わせ自動送信機能を実装しアポイント獲得を自動化する。

また、プレスリリースによれば、問い合わせの送信設定はわずか1分程度。ダッシュボード上で「当月サマリ」「契約内容」「問い合わせ送信結果」を確認できる仕様になっていて、進捗把握が手軽にできるUX/UIが特徴とのこと。

ApoKakuのターゲティング機能により、サービスニーズの高い顧客を特定し、その対象にのみアプローチすることができるので高いアポイント獲得率、成約率が見込めるようだ。