【no.594】不動産のチラシを内製したAIで自動作成 年間2880時間の作業時間削減

不動産のチラシを内製したAIで自動作成 年間2880時間の作業時間削減

株式会社オープンハウスは7月7日、AIとPRAを掛け合わせた物件チラシ全自動作成システムを開発し、2020年7月8日から運用開始すると発表した。

物件のチラシ作成業務が完全自動化することで、作成業務を年間およそ2880時間、広告審査時間をおよそ900時間削減できる。また、本システムを活用すると、顧客に対して非接触で物件を案内できるようになる。

>> プレスリリース

不動産のチラシにおける景品表示法の制約にも対応
オープンハウスが開発した物件チラシ全自動作成システムは、音声やテキストチャットでロボットに該当物件名を伝えることで、ロボットがRPAによってチラシ作成に必要な情報を社内システムから自動収集する。その後、AIが物件チラシを自動作成し、約2~3分でチャットやメールに返信される。

不動産のチラシには、景品表示法にて内容などに制約がある。これまでオープンハウスでは、その制約などのルールから逸脱しないために、審査にも時間と労力をかけていた。しかし、本システムを活用することにより、AIがルールに則ったうえで正しい情報を自動入力するため、審査自体のプロセスも大幅に短縮化および効率化される。

また、本システムの特徴は、「立地」「価格」「間取り」「学区」など、顧客に対しておすすめするポイントを変えたさまざまなバリエーションを最大14パターン作成できる点だ。そのため、顧客ニーズに合わせてチラシを選ぶことができ、その場そのタイミングで最適な提案が可能になる。