【no.607】新型コロナに関する電話問い合わせをAIとFAQで99.5%削減した大阪府、NECとスマートシティ推進へ

新型コロナに関する電話問い合わせをAIとFAQで99.5%削減した大阪府、NECとスマートシティ推進へ

大阪府とNECは7月21日、事業連携協定を締結したと発表。この目的は、新型コロナウイルス感染症の第二波に備えたスマートシティの推進だ。

大阪府では2020年4月にスマートシティ戦略部を設立しており、ICTの活用による府民の利便性向上に取り組んでいる。くわえて、新型コロナウイルス感染症の第二波に備え、医療・教育・商工等の行政分野において対応力の強化を図ることを目的に、新しい生活様式の実践に向けてICT企業や団体との連携を進めている。