【no.660】松尾豊氏がAIの未来を語る場面も、日立造船がAIビジネス活用で1位に

松尾豊氏がAIの未来を語る場面も、日立造船がAIビジネス活用で1位に

日経クロストレンド EXPO 2020内において10月14日に、日本ディープラーニング協会(JDLA)が後援する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の表彰が開催された。

本アワードでは、人工知能(AI)分野で、とくに成果を出す深層学習(ディープラーニング)技術を活用することで、新たな事業を生み出した取り組みなどを企業から募集し、とくに優れた事例を表彰した。

なお、審査員は東京大学大学院 工学系研究科人工物工学研究センター技術経営戦略学専攻 教授の松尾豊氏、東京大学総長室アドバイザーの吉本豊氏、エヌビディア エンタープライズ事業部 事業部長の井﨑武士氏、パロアルトインサイト CEOかつAIビジネスデザイナーの石角友愛氏、日経クロストレンド 編集長の吾妻拓氏、日経Robotics 編集長の進藤智則氏が務めている。

日立造船の発電所などに使える検査システムが大賞に