【no.105】「自分が読むべきニュース分かる」 AI活用で「gooニュースアプリ」が進化

「自分が読むべきニュース分かる」 AI活用で「gooニュースアプリ」が進化

「これまでAIを活用してお客さまに寄り添ったサービスを展開してきたが、今後も“AIによるおもてなし”を強化していく」――NTTレゾナントの若井昌宏社長は、4月19日に開催した記者発表会でこう話した。同社はこれまで恋愛相談に答えるAIエージェント「教えて!goo 恋愛相談 オシエル」や、テレビドラマ「過保護のカホコ」とコラボしたカホコAIなど、さまざまなAIサービスを提供してきたが、今後もAI事業に注力する考えだ。

コンシューマー向けの展開では、スマートフォンアプリ「gooニュースアプリ」にAIを活用した「インフォグラフ機能」を5月に搭載する。ユーザーが目指す姿と現状を比べ、読むべきニュースを提案する。

インフォグラフ機能
スマートフォンアプリ「gooニュースアプリ」にAIを活用した「インフォグラフ機能」を搭載する
AIがユーザーの行動履歴から趣味嗜好を分析して、「好きな芸能人」や「応援したい球団」などのカテゴリーを自動生成し、グラフによって可視化。gooニュース編集部が例として設定した、「就活生」「営業担当」「経営者」など職種やロールモデルに応じたグラフと比較し、不足している情報をAIが判断して届けるという。

今後は、位置情報とユーザーの嗜好を組み合わせたお店やイベントの情報提供や、ユーザーの属性や時間帯に応じて通知するコンテンツを変えるなど、AIを活用した機能を順次搭載する予定。

 

趣味嗜好を分析してニュースを表示させるのは今までもありましたが、情報が偏ってしまうのでは、、と心配でした。職種に応じて、不足しているかもしれない情報を届けてくれるというのは嬉しいですね。
次回の更新も楽しみにして頂けますと幸いです!

【no.104】商業施設の清掃、AIロボにお任せ三井不動産が導入

商業施設の清掃、AIロボにお任せ三井不動産が導入

三井不動産は17日、グループで運営する大型商業施設「ダイバーシティ東京 プラザ」(東京・江東)に清掃ロボットを導入したと発表した。筑波大発スタートアップ企業のサイバーダインが開発した。人工知能(AI)を搭載し、自律走行する。清掃員不足を補う狙いだ。「ららぽーと」など他のグループ施設にも広げる。

国内の大型商業施設で清掃ロボットが導入されるのは初めてという。同日、お台場にある同施設でロボットが稼働する様子を報道陣に公開した。

清掃ロボット「CL02(シーエルゼロツー)」は箱形(高さ47センチメートル、奥行き62センチメートル、横幅48センチメートル)で、床の細かいゴミを吸い込む。タイヤが付いており、「清掃しています。注意してください」と声を発しながら動き回る。閉店後の夜間に使用する。

商業施設は廊下が曲がっているなど造りが複雑で、障害物と認識しにくい透明なガラス壁も多い。従来型の清掃ロボットでは対応が難しかった。

今回のロボットは独自の3次元カメラやセンサーを搭載して障害物を立体的に検知、位置も把握して衝突を避ける。磁気テープなどによる誘導も必要ない。あらかじめ経路を指定できるほか、区域だけ設定すれば自動で経路を作る機能もある。

清掃後はチリが多い場所を接続した画面上に図示。担当者に完了を知らせる電子メールも送る。

まず3~5階のカーペット床の清掃に使い、約3千平方メートルを4時間で清掃する。同じ時間かけ、人が運転する搭乗式清掃機でしていた作業を任せる。通路の隅などの清掃は人がするため、単純に人を減らせるわけではないが「ロボット稼働中は人は別の作業ができ、業務効率が上がる。作業の質のばらつきもなくせる」(三井不動産商業マネジメントの安藤誠氏)。

サイバーダインは貸し出しで提供しており、3年契約なら1台あたり月額12万円となるそう。

センサーの精度が向上した事により清掃ロボットの出来る事が増えてきているみたいですね。
次回の更新も楽しみにして頂けますと幸いです!

 

【no.103】災害関連死減へSNSやAI活用 迅速に被災者情報把握

災害関連死減へSNSやAI活用 迅速に被災者情報把握

SNSや人工知能(AI)を使って減災につなげる仕組み作りについて、情報通信研究機構やLINE、ヤフーなどが17日、国や自治体への提言を発表した。必要な情報を素早く集め、災害後の避難環境の悪化などによる「災害関連死」を減らせるとしている。

東日本大震災では関連死が約3600人、熊本地震でも200人に上るなど、時間を経ても被害が拡大する特徴がある。現在は、被害や支援の情報交換に電話やファクス、手書きのホワイトボードなどを使っているため、人手がかかって共有もしづらく、避難環境の悪化や長期化につながっている可能性があるという。

具体的には、▽被災者がスマートフォンやSNSを使って被災情報を発信できる仕組み作り▽高齢者ら向けに会話ができるスマートスピーカーの活用▽情報を瞬時に収集、分析できるAIを使い、国や自治体の業務を自動化・省力化――などを挙げている。災害時に問題となるSNSのデマ対策も、今後検討する。

これを受けて自治体はどう動くでしょうか。
声で操作できるスマートスピーカーは意外と高齢者の方が相性がいいのかとも言われていますね。次回の更新も楽しみにしていただけますと幸いです!

【no.102】AIの力を借りた新人タクシードライバー、売り上げはいくら増えた?

AIの力を借りた新人タクシードライバー、売り上げはいくら増えた?

AIタクシーは、先行導入して実証実験などを行っていた東京無線タクシーと、愛知県名古屋市のつばめタクシーグループが利用している。彼らは2016年末から2017年3月ごろにかけて、新人ドライバーに同サービスを利用してもらう実験を行ったという。果たして、AIタクシーはどれだけドライバーの売り上げに貢献したのだろうか?

東京無線タクシーでの実証実験に参加した新人ドライバー16人は、他のドライバーと比べて、1人1日あたり3115円の売り上げが増えたという。
東京都心における1日タクシーの平均売り上げ(1日)が約5万円弱といわれていることを考えると、大体6%ほど売り上げが増えたことになる。

ちなみに名古屋のつばめタクシーで行った実験については、
売り上げの上がり幅が平均1200円程度だったとのこと。
東京と比べて少ないが、タクシー需要が非常に高い東京と状況が異なることは留意しておきたい。

タクシードライバーの高齢化や人材不足が叫ばれる昨今、「新人でもすぐに結果が出しやすくなれば、新たなドライバーを確保しやすくなるのではないか」というのがNTTドコモの考え。その背景には、ほとんどのタクシー会社が歩合制を採用しており、売り上げが自らの収入に直結するという業界構造がある。

売り上げ増加と同時にルートが効率的になった事でガソリン代が節約できるようになったというメリットも挙がっているそうです。
次回の更新も楽しみにして頂けますと幸いです!

【no.101】世界初?多摩市長選に出馬するAI市長とは?

世界初?多摩市長選に出馬するAI市長とは?

2018年4月15日に投開票が行われる多摩市長選挙で、
「人工知能(AI)が多摩市を変える」と謳(うた)う、松田道人さん(44)。
AI市長とは何者なのか。

松田さんが今回の多摩市長選への出馬を決めたのは、4月8日の告示4日前の4月4日。「無投票当選は防ぎたい」という理由からだった。結果的には3人出馬したが、松田さんが出馬を表明するまで、立候補を予定していたのは現職の阿部裕行市長のみだった。

 

AIと政治の相性が良い理由について、松田さんのブレインとして選挙を手伝っている、経済データの分析をする会社経営者の鈴木光晴さんは、「人間が介入しなければ、公正無私で効率的な予算配分ができるのではないか」とAIへの期待を語る。

「金融や経済の分野では、既に日銀(日本銀行)や財務省が効用を最大化する最適制御理論などを応用したモデルを使って適切な予算配分をやっている。だが、その後に政治家が介入して予算配分が変わってくる。あとは、議会を見ていても、質問や答弁が*チャットボットでできるようなものも多い。そういうのを全部ボットに置き換えれば、人件費も削減できる」

「今回選挙に出るのも書類を準備するのが大変で、何回もハンコを押したりしました。でも、こういう手続きも本来ウェブで全部できます。無駄なことが役人の仕事を増やしている。業務の効率化ができない最大の理由は人間のしがらみ。自動化とかテクノロジーはあるのに、今までの業務に対して『これは違うだろ』と言えない」

AIを導入することで、より業務が効率化でき、人件費などが削減できるだけでなく、予算を無駄なく適正に配分できると考えている。さらには、

「人間が予算編成をするときは、後で足りないとならないように少し多めに予算を用意する。その結果、少し余った予算で3月に無駄な道路工事をしたり、予算の無駄遣いにつながっている。AIで予算を正確に出せれば、余計な予算を削れるので減税ができる」

 

結果、松田さんのAI市長は出馬が出遅れた事もありあまり票を集められず、
現職の阿部裕行市長が三選を果たした。しかしながら、投票率は36・38%で、過去最低だった前回の34・47%を上回ったようです。
今回は残念な結果でしたが、いずれは浸透していきそうですね、、今後が楽しみです。

次回の更新も楽しみにして頂けますと幸いです!

【no.100】コピペを見抜く新卒採用AI、サッポロHDが書類選考時間を4割減

コピペを見抜く新卒採用AI、サッポロHDが書類選考時間を4割減

新卒社員の選考業務にAI(人工知能)を活用し、エントリーシート(ES)の判定にかける時間を4割減らした。「コピペ」のシートを見破ることもできるという。

サッポロホールディングス(HD)傘下のサッポロビールは2019年度に入社する新卒社員の採用にAI(人工知能)を導入した。2018年2月から、採用の初期段階でエントリーシート(ES)を使い合否を判定させた。以前は人事部が10~20人で1週間かけていた。全員分を足し合わせると約600時間の業務だった。AIが業務を肩代わりすることで、この時間を4割削減できた。

マイナビと三菱総合研究所(MRI)が共同開発したESの診断サービス「HaRi( ハリ)」を導入した。前年度にサッポロビールを受けた学生のESを学習データに使う。採用した学生と不採用の学生のESの特徴を分析して推論モデルを構築。マイナビを通じて応募してきた学生の合否を判定した。コピー・アンド・ペーストで書かれたかどうかを診断する機能もある。

人事部はAIが不合格と判定したESだけを読む。担当者が合格と判定すれば敗者復活、学生は次の選考へ進める。例年、同社にESを提出する学生は約6000人。2019年度は7000人を超える見込みだ。同社人事部の萬谷浩之マネージャーは「業務を平準化する方法を探していた」と話す。春は採用だけでなく社内異動に伴う業務も増える。人事部の負担を減らす必要があった。

内定辞退の予測も視野に
サッポロビールがHaRiを選んだのはデータ連携の容易さからだ。これまでは新卒の採用管理に特化したマイナビのASPサービス「アクセスオンライン(AOL)」を使ってきた。HaRiとAOLはAP(I アプリケーション・プログラミング・インタフェース)でつながる。AOLのWeb画面から診断項目を選択してHaRiの分析結果を確認できる。

AIによる合否の基準は「AIハイブリッド診断」機能で設定できる。「専門性と志望動機のつながり」「コミュニケーション能力」といった基準について、どれをどれだけ重視するか企業が重みを設定し、合否基準を明確にできる。

現在、サッポロビールは自由記述欄だけをAIの学習に使う。今後は様々なデータの利用を検討していく。例えば、業績の良い社員の入社前のESを分析して活躍が見込めそうな学生を予測したり、内定を辞退する恐れのある学生を見分けたりする。

MRIによるとサッポロビールを含めて15社がHaRiを導入している。業種は製造業、広告代理店、食品と幅広い。ソフトバンクやリクルートといった大手企業も採用活動にAIを利用し始めた。「AI採用」の導入はさらに進みそうだ。

AIによりエントリーシートでそこまでのことがわかるようになってくるのでしょうか。完全に合否をゆだねるのではなく、最初の審査として使うのは良いですね。

次回の更新も楽しみにして頂けますと幸いです!

【no.99】FM局 AIアナウンサーがニュース番組 神戸

FM局 AIアナウンサーがニュース番組 神戸

アナウンサーに代わって人工知能(AI)が原稿を読み上げるニュース番組が、兵庫県内を放送エリアとするFM局「Kiss FM KOBE」でスタートした。働き方改革への対応や人手不足解消などが期待できるとあって、同様の試みは全国の放送局で広がっている。

「おはようございます。けさのおめざめはいかがでしょうか」

4月上旬、男性が2人しかいないはずの神戸市中央区のスタジオに、突然、女性の声が響いた。初めて聞くAIアナウンサーの声だった。

番組は、毎週土曜の午前7時から放送される15分番組「神戸経済ニュースウィークリー」。この日は7日の初回放送分の収録が行われていた。地元の経済ニュースを紹介した後、ニュースサイト「神戸経済ニュース」編集長の山本学さん(41)が解説するという内容だった。

「ひょうごけんはよっか、ほてるやこうつうきかんの(兵庫県は4日、ホテルや交通機関の)……」。AIは番組冒頭のニュース部分で、約800字の原稿を2分30秒かけて読み上げた。

声には抑揚がなく、妙にたどたどしい。人間のアナウンサーのしゃべりに比べると、滑らかさがない。現状では、AIは人間のアナウンサーの足元にも及ばないと言ってよい。

だが、AIには学習能力がある。番組ディレクターの片平さんは「今後、学習を重ねていけば、改善が期待できる」と語る。AI自体も改良が進むため、近い将来、人間のアナウンサーに見劣りしないAIアナウンサーが登場するかもしれない。

AIシステムには、インターネット通販大手「アマゾン」の子会社が提供するテキスト読み上げサービス「アマゾンポリー」を採用した。ニュース原稿をパソコンで入力すれば音声に変換してくれる。

なぜ導入を決めたのか。片平さんは「目新しさだった」と笑う。だが、実際に番組を作ってみると、別のメリットがあった。「予想以上に労力が減ったんです」。人間のアナウンサーの場合、収録前の打ち合わせは不可欠だ。収録後にニュースを差し替えたい時は、改めて録音しなければならない。AIでは、それらの業務が必要なくなった。パソコンさえあれば、時間と場所を問わず音声が作れるため、仕事の効率が非常に高まったという。

導入してみる事で予想外のメリットがあったというのは、実践してみないとわからない部分ですね。今後の進化が楽しみです。
次回の更新も楽しみにして頂けますと幸いです!

【no.98】韓国で進む自然災害のAI予測、政府も開発に6億円投じる

韓国で進む自然災害のAI予測、政府も開発に6億円投じる

暖かく湿った空気が冷たい海面に冷やされることで、海上から津波と見間違うような大規模な濃霧が発生することがある。その現象は「海霧」、もしくは「移流霧」(ここでは海霧で統一)と呼ばれている。

海霧が発生すると、船舶の乗組員たちは視界を確保できずとても危険な状況にさらされる。また、港湾や周辺の交通網にも悪影響がもたらされ、近隣農家に冷害がもたらされるケースもあるとされている。

今回、そんな海霧の被害に悩まされている韓国で、人工知能を使った「海霧予測システム」が開発された。開発を牽引したのは、海洋水産部・国立海洋調査院だ。

海洋調査院は、2016年から釜山港、蔚山港など全国主要11港に海霧の観測所を設置し、関連機関とともに海霧予測システムの開発を進めてきた。
その後2年間の研究を経て、気温・水温・風向・風速など気象観測資料と、視程距離の相関関係を分析し、海霧が発生する可能性を予測する技術を開発した。

今後「海霧予測サービス」は、通航する船舶が多い仁川港と海雲台沖海域で試験的に提供されることになった。海洋調査院のホームページでは、同区域の現時点から3時間後、6時間後、12時間後の海霧発生確率がそれぞれ確認できようになっている。

 

自然現象を人工知能によって予測できるようになるのは、精度が非常に気になりますね。100%人工知能だけに頼らず、あくまでサポートとして使っていくのが良いのでしょうか。

次回の更新も楽しみにして頂けますと幸いです!

【no.97】LINE、AIアシスタント「Clova」と連携したホームIoTサービスを開始

LINE、AIアシスタント「Clova」と連携したホームIoTサービスを開始

LINEは4月9日、AIアシスタント「Clova」によるホームIoTサービス「Clova Home」の提供を開始したと発表した。

同社では、2017年10月にスマートスピーカの第1弾となる「Clova WAVE」、同年12月にスマートスピーカとして初めてキャラクター性を持たせた「Clova Friends」を発売。また、3月22日にはIFTTT対応し、外部サービスとの連携も可能となっていた。

そして今回、ホームIoT化の第1弾として、スマート照明の「Philips Hue」と連携。インターネットサーバを経由して照明を操作できるようになった。照明のON/OFF操作だけでなく、明るさ・色などの細かな調整も音声で操作できる。さらに、事前にロケーションを設定することで「リビングの照明をつけて」など、場所を指定した操作も可能になるという。

声による照明の操作も、今後はより一般的になっていくのでしょうか。
スイッチが多すぎる、スイッチが遠い、などの条件があると確かに魅力的ですね。

次回の更新も楽しみにして頂けますと幸いです!

 

【no.96】警備も案内もロボにお任せ 新丸ビル・丸ビルで次々導入

警備も案内もロボにお任せ 新丸ビル・丸ビルで次々導入

三菱地所は、東京・丸の内地区にオフィスビルの警備や施設の案内などを担う複数のロボットを今月から順次導入している。

新丸ビル地下1階の入り口を入ると、高さ約140センチの丸みを帯びた警備ロボットが出迎える。カメラが画像を常に記録。深夜は障害物を避けながら自走し、センサーで不審者を検知すると警報を鳴らす。タッチパネルの操作でビル内の店や施設を案内する機能も備える。

新丸ビル、丸ビルでは、人工知能を搭載したフクロウ型のロボット4台を今月末から設置。カメラで客の性別や年齢を判断し、おすすめの店を提案する。地下の通りには清掃ロボットを来月中旬以降に導入する。

 

警備や案内の技術はどんどん実際に運用され始めていますね。徐々に私たちの生活の当たり前になっていきそうです。

次回の更新も楽しみにてるしていただけますと幸いです!